今日のいろいろ+意外と歌も上手かった名女優さん

2017.03.26 Sunday 20:01
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    今日は、昨日走れなかったので気温がプラスに変わった辺りの8時頃から走りに出かけました。

    昨日、ギター練習に熱くなったせいなのか体調がちょっと不良気味で

    キロ5分半くらいでも息が上がると言うより胸回りが重苦しい感じです。

    でも、頑張れば20劼呂い韻襪な〜と思い、

    当初の予定の30劼呂笋瓩董△罎辰りと久しぶりのマイコース全線を往復しました。

     

     

    今年は、豪雪地帯で知られるこの地域も何十年ぶり位に雪が少なかった年なので

    コース脇の畑とか田んぼも融雪剤を散布してる農家さんは殆どいませんでした。

    私としては、毎年がこうならとっても嬉しいのですが、

    今年が少なかった分、来年の反動が怖いっす(´・ω・`)

     

     

    今年は白鳥が来るのもいつもよりちょっとだけ早いのかも・・

    秋はこの遊水地に長く滞在しますが、春は1・2週間ほどでいなくなります。

     

    あと、今日は午後から床屋さんに行って残り少ない貴重な髪をカットしたあと、

    スタンドで車の洗車をして来ましたが、この時期って雪解けのベチャベチャ路面と

    道路補修工事の後に走る事も多いので、車体下部とか側面に鉄粉が刺さって簡単に落とせませんし、

    特にアスファルト補修中の道路を走ると車体下部にタールが飛び散ってかなり手ごわい汚れになるんですよね。

    なので、簡単に済ます予定がびっしり2時間位かかちゃいました。

    でも、やっぱり仕事で使ってる車だから傷むのも早いですよね〜

    あと何年乗れるかな・・

    今、15万キロだけど前の車は25万まで走ったからあと10万キロは頑張って貰おう・・(=゚ω゚)ノ

     

     

    家にきて1週間たった「うさこ」さん達・・

    やっぱり兄弟なのか、何時も一緒の行動で仲良しさんです。

     

    と言う事で、タイトルの女優さんだけど歌も上手かった方ですが、

    その昔と言うか、今でもしっかりと記憶に残る名歌手&女優さんと言えば

    バーブラ・ストライサンドさんですよね。

     

    この曲は、邦題で「追憶」と言う映画のサントラなんですが、

    一時期、インスタントコーヒーのコマーシャルにも使われて、

    映画を知らない年代の方にも人気が出た曲ですよね。

    この映画は1973年のものですが、ロバートレッドフォードも若いですね(#^^#)

    現在も歌手活動もしてるようですが、アカデミー賞とグラミー賞を何度もとってますし

    アメリカでは現在も圧倒的な人気を誇る女性ですよね。

     

    で、バーブラさんにまったく引けを取らない大女優と言えば

    今年の大統領選で堂々とした非難メッセージで話題になったメリル・ストリーブさん。。

    でも、バーブラさんと違って歌はどうなの?・・と思っていたら

    ちょっと前に話題になったミュージカル映画の「マンマミーア」で見事な歌とダンスを披露してました。

    マンマミーアは、70年代から80年代にかけて世界中でだいヒットしたABBAの曲を使った映画なんですが

    元は、1999年から上演された舞台ミュージカルが元なんですよね。

    で、この映画には、デビュー当時、可愛い女優さんが出て来たな〜と思ってたアマンダ・セイフライドさんとか

    007のボンド役でも有名なピアース・ブロスナンさんも出てて意外と楽しい映画でした。

    でも、メリルさんって本当にどんな役でも完璧にこなす名女優さんですね。(#^^#)

     

     

    これ見たら、もう一回見たくなったので明日借りてこよう(*‘ω‘ *)

     

    category:日記 | by:GOcomments(0)trackbacks(0)

    才能が無い分、努力しかない〜(-_-)+80年代ディスコ

    2017.03.25 Saturday 19:47
    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

       

      今日は天気が良かったから午前中に外を走ろうと思ってましたが、

      朝起きて直ぐにギターの練習始めたら、今取り組んでる曲のメインフレーズがかなり・・

      と言うよりアコギも含めて、ギター再開してから一番の難しさで頭も指も熱くヒートアップ(;´Д`)

      あーーやぱり自分って才能ないんだな〜と改めてガッカリしてますけど

      しかし・・マラソンもそうだけど、此処で諦めて投げたらそれで終わり・・

      才能がない分、ひたすら粘り強く練習するしかないんですよね。

      たった16小節の短い部分、もうここまで数百回繰り返してますが未だに満足出来る音になりません。

      まあ・・神バンドと言われる国内でも屈指のテクニックを持った方と同じように弾けるとは思っていませんが

      何とか違和感のないくらいまで練習で何とかならないかな〜

       

       

      まあでも、ランニングもギターも趣味の範囲で好きでやってる事だから

      楽じゃない事でも頑張れるんでしょうね。

      しかし・・改めてセッションミュージシャンの方って凄いと思いますよね。

      自分のバンドだけならある程度こなせる範囲の曲しかやりませんが

      スタジオミュージシャンって依頼主の要望に沿ったアレンジで弾かなくちゃいけませんし

      曲を覚えるのも短時間でやらなくちゃいけませんよね。。

      やっぱりプロになるって才能+努力+運も必要なんでしょうね・・

       

      さて、そんな今日は、

      私がギターをやめて夜遊びにハマっていた70年代終盤から80年代に流行っていたディスコ音楽・・

      当時の札幌ススキノには、ドラゴン・ナイトイン20世紀とかの懐かしめのディスコから

      札幌のススキノで一世を風靡した釈迦曼荼羅・・

      あと、当時の不良高校生(^-^;とかがバイキング目当てで行ってたカルチェラタンとか

      少し大人しめのテレサガリレオとか沢山ありましたよね。

      当時の私の住所が南8条西5丁目の安アパートに住んでいたことから

      (現在はホテル街・・ZEPPも出来たけど・)

      結構な頻度でお金がある限り出かけてましたよね(^。^)

      釈迦曼荼羅も結構いったけど、どちらかと言うとテレサガリレオが多かったな〜

      ディスコにハマったのは若い男だから当然女の子目当てもありましたが・・(;^ω^)

      それ以外には大音量で音楽が聴けることが良かったと思いますよね。

      あのくらいの大音量って、ライブ以外では体感できませんからね。

      ダンスフロアで踊らなくてもカウンターに座って音楽を聴くだけでも楽しめました。

       

      この曲、当時のテレガリでかなり頻繁にかかってましたね。

       

      あと今でもたまにラジオで掛かるこの曲・・

       

       

      両方ともにバックダンサーの踊りがちょっと恥ずかしい感じですよね(#^^#)

       

      他にも沢山の思い出と共に有名な曲がありますけど

      このデッドオアライブ・・

      この曲も超有名になって世界でも大ヒットになりましたが、

      (今でいう所のユーロビートの走りですよね)

       

      歌っている方はピート・バーンズと言うのですが、

      この方、この当時は結構イケメンですが

      美的なコンプレックスがあって、この後から次々と整形を重ね、

      その過程で徐々に顔面が崩壊(^-^;、凄い事になったんですよね・・

       

      から

       

       

      もう別人ですよね・・・・

      ピートさんは昨年、心不全で亡くなっていますが、(57歳)

      晩年は、かなり金銭面も含めてかなり苦労のある人生だったようです。

       

      ジェットストリーム・・

      2017.03.24 Friday 21:04
      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

        多分、現在もナレーションは変わってもやっていると思いますが、

        やっぱり、ジェットストリームと言えば城達也さんですよね。

         

         

        その昔、東京で寮に入っている時に寝る前に布団の中で寝ながら聞いていた事が思い出されますが

        それ以前にも中学生の頃からたまに聞いていた番組でもありました。

        ここで掛かる曲はレーモンルフェーブルとかの演奏で、

        俗に言う、イージーリスニング音楽でしたが、真っ暗な部屋で寝る前に聞いてると

        子守歌じゃないけど凄く心が安らいで自然と寝られた記憶がありますね。

        この番組はJALがスポンサーで作られた宣伝番組でもありましたが、

        当時は、飛行機に乗って旅行するなんて特別な人じゃな無きゃ出来ない旅だった気がしますが

        そう言えば、初めて飛行機に乗ったのは東京から帰ってくる時に乗ったJALだったかも知れません。

        当時は、今のような搭乗口から直接飛行機の中に通じる通路がなかったので

        バスに乗って飛行機の横まで行って階段式の梯子で乗り込む形式でした。

        今では、ひょっとしたらJRの方が高くつく交通費に代わってしまいましたけど

        私の場合は、やっぱり飛行機が好きだな〜(^。^)

         

        で、この動画の聴いていたら3曲目あたりで掛かる「シバの女王」がとっても懐かしいです。

        当時は、パーシーフェイスとかマントバーニーとかポールモーリアとかの

        イージーリスニング系のオーケストラが結構人気ありましたよね。

        でも、やっぱりこのジェットストリームのタイトル曲の「ミスターロンリー」がいいな〜(#^^#)

         

        シンゴジラ・・・

        2017.03.23 Thursday 21:29
        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

           

          先日の22日から「シンゴジラ」のDVDレンタルが開始されました。

          ネットとかの情報で内容は知っていましたが、

          実際に見たらやっぱり「エヴァンゲリオン」の監督さんだけあって

          自衛隊の出動シーンとかにエヴァンゲリオンと同じSEが使われていてニヤッとしちゃいました(^-^;

          しかし、現在進行形で今、メディアを騒がせしている国会での証人喚問の中継がありますが

          一般の国民にしたら、何がこんなに面白いの?と言うくらいに

          議員さんとか官僚さんの働く姿が、このシンゴジラの場面の大部分を占める

          国の議員さんとか官僚さんの立ち居振る舞いが重なって、更にニヤニヤですね・・

          今、まさに首都が危機的な状況になっているのに会議と法案の議決でもめる平和な国の現状・・

          (責任のなすり合い・・笑)

          しかし、その中にも有能な官僚さんとか議員さんがいて事態収拾に動きますけど

          実際にリアルな国の議決機関でこのような人材がいるかと言うとちょっと不安になりますね。

          あと、このシンゴジラのシナリオってやっぱりエヴァンゲリオンのオマージュのようなシナリオですね。

          ヤシオリ作戦はエヴァのヤシマ作戦と似ているし、自衛隊のシーンもネルフに重なるし・・(^。^)

           

          話しはちょっと飛びましたが、このシンゴジラ・・

          これまでの怪獣映画とは完全に一線を画すアクション映画でもあるし

          日本の政治機関とかお役所を舞台にした政治的な映画でもあるかも知れません。

          あと、必ず怪獣映画に出てくる自衛隊ですが、

          今回は、本当に完璧にリアルな自衛隊の装備と指揮系統を再現してますよね。

          戦車とか攻撃ヘリとかの攻撃で使用される誘導弾とか機関砲の弾道とか

          ゴジラに命中してさく裂する爆発のCGも本当にリアルに再現されていると思います。

          と言う事で、この映画がヒットしたのが良く分かる感じですね。

          やっぱり監督さんが、かなりマニアックじゃなきゃこんな映像にはなりませんし

          シナリオだって、いつものワンパターンになっていたかも知れませんから・・

          と言う事で、庵野監督さん・・早くエヴァの劇場版の続きを作ってほしいですね。

          (#^^#)

           

          category:日記 | by:GOcomments(0)trackbacks(0)

          自衛隊の装備・・

          2017.03.22 Wednesday 20:47
          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            今日のネットニュースを見ていたら、海上自衛隊の新造空母型ヘリ搭載護衛艦「かが」が就役したとのニュースが目に入りました。

             

            右の大きい方が「かが」で左はかがの前に就役した「いずも」だと思います。

             

             

            「かが」と言う名前を見て、その昔、子供時代に戦闘機とか軍艦マニアだった私が思い出すのが、

            第2次大戦時の日本海軍の空母「加賀」ですよね。

             

            「加賀はミッドウエイ海戦で撃沈しています。」

             

            大きさ的な比較で言うと、昔の空母の「加賀」と「かが」は、

            長さで言えば、ほぼ同じ大きさになりますが、船で使われる大きさの排水量で言えば

            「かが」の方がかなり少ない(約20000トン前後)になります。(「加賀」は60000トン?位)

            昔は装甲がかなり頑丈でしたし、動力源のボイラーが巨大でしたからね。

            現在の戦争は幾ら頑丈な装甲を施してもミサイル一発でやられますので、

            無駄に重くして動きを阻害されるより、高性能レーダーとか他の情報手段で先に発見して

            俊敏な機動力で移動する方が重要だと言われています。

            あと、比較で言えばアメリカの攻撃型原子力空母はこれの二回り以上も大きいですし(300m以上)

            排水量も10万トンクラスですから、自衛隊のヘリ搭載護衛艦と比べる事はできませんが

            それでも、使い方によっては大きな抑止力にはなるでしょうね。

            今回の「かが」の重要な任務の一つは哨戒ヘリを沢山積んで、中国の原潜を探知する事だと思いますし

            まあ、これはないとは思いますが、小型の垂直離着陸戦闘機を数機位は搭載できると思います。

             

            ちなみに、旧日本海軍で一番大きかったのは「信濃」になりますが

            これは、終戦間際に大和級の戦艦を急遽設計変更して作った空母ですが、

            実戦に投入前にアメリカの潜水艦に沈められています。

             

             

             

            今の日本の憲法とか法律では直接他国を攻撃する装備は持てませんが、

            何だか最近は世界中が「きな臭い」雰囲気が漂ってきていますので

            何とかこれらの装備を戦争の手段として使わないで災害とか救援のためだけに使ってくれたらいいな〜・・

             

            それから・・実際には持っても作ってもいけない兵器の核兵器ですが、

            多分、今の日本の技術と材料を使えば、すごく短期間に作れるでしょうね。

            それに付随して、それを運ぶロケットも・・ある意味世界で3番目位の実績と技術がありますから、

            それ故に日本を敵視する国が脅威を持って威嚇してくるのかも知れません。

            出来れば永遠にこんなものを持たなくても良い世界になれば良いと思いますけど

            やはりこの地球に人間が栄えている以上はなくならないものかも知れませんね。

             

             

             

             

            海外で活躍する凄いピアニスト(JAZZ編)

            2017.03.21 Tuesday 20:04
            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

               

              今日はランニングはお休みでサウナに行って来ました。

              常連のおっさんの話し声とかテレビ音声が邪魔なので、何時ものようにウォークマンを聴きながら入ってますが、

              汗がイヤホンに溜まると音のレベルが下がってくるので、今度買うときは防水仕様にしようと思いますです(^-^;

               

              さて、タイトルの海外で活躍するアーティストですが、

              BABYMETALは何時も紹介してるので、

              今回はものすごい活躍でグラミーの部門賞も取ったJAZZピアニストの上原ひろみさんを紹介します。

               

              第53回グラミー賞「Best Contemporary Jazz Album」(ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム)

              スタンリークラークバンド・フィーチャリング HIROMI

               

              BABYMETALに限らず、JAZZ界とかクラシック界では結構な日本人が高い評価で海外で活躍してますが

              何故か日本のマスコミは殆ど取り上げる事がなくて

              やっぱり日本のメディアってガラパゴスなんだと何十年たっても変わらない業界にあきれちゃいますが、

              まあ、音楽市場で言えば海外で活躍する方がライブにしても音源にしても

              直接アーティストの収入源になるから良いかも知れませんね。

              日本だと、かなり独特なマネジメント会社のシステムとか広告代理店の利権があるから

              個人アーティストにはあまり環境的には良くないのかも・・

               

              で、上原さんは私より21歳下なのでまだ30代(後半)ですが、

              16歳の時にたまたま日本に来ていたチックコリアに演奏を聴いて貰う機会があって

              その演奏に感動したチックコリアは、最後の公演の上原さんをステージに上げて共演したそうです。

              その後、バークリー音楽大学を主席で卒業した後は現在の活躍に繋がる活動だったのですが、

              現在は、ベースのスタンリークラーク、ドラムのサイモンフィリップスと組んでのライブ活動が多いようです。

              でもサイモンフィリップスってTOTOとかのドラマーもやってる位だから

              フュージョン畑でもロックよりなドラマーさんですよね。

              だからかも知れませんが、次の動画の演奏って普通のJAZZトリオの感じとはちょっと違うかも・・

               

               

              あと、チックコリアとの共演も・・・

               

               

               

              最近はBABYMETALの神バンドの方が別ユニットで活動している仮バンドと言うバンドがありますが

              そのライブでたまに一緒に演奏している同じJAZZピアニストの桑原あいさんも凄いピアニストになりそうな予感がします。

              4月には、桑原さんも参加した仮バンドのミニアルバムも出るようなので楽しみですね(*^^*)

               

               

               

              再び「つどーむ」30辧Α

              2017.03.20 Monday 19:14
              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                JUGEMテーマ:スポーツ

                今日は、チームの練習会で「つどーむ」75周の30卅でした。

                2週間前も一人でやりましたが、その時は終盤に旧LEONさんに途中まで付かせてもらってペースを上げられましたが

                今日は、逆に私がペースを引く役割なので、出来るだけ正確にペースを維持する必要があります。

                設定がキロ5分で回るときは1周400mのラップは2分になるのですが、

                このくらいのペースの時は、誤差としてほぼ1周±1秒以内で回る事が出来ますけど、

                体の調子の悪いときとか、ペースが上がって自分の余裕がなくなってくると必然的に誤差も多くなってきますよね(^-^;

                これはギターの練習でも言えるのですが、いくら正確なメトロノームがあっても

                ギターを弾く指の動きに余裕がないとリズムがバラバラになるのと一緒で

                学生さんとか実業団の選手なら、かなり速いペースでもトラックではほぼぴったり正確に回れますよね。

                と言う事で、今日はラップが安定していたのはキロ5分前後だけで

                20劼らキロ当たり10秒上げる積りが(400m 1周だと4秒アップ)が結構バラバラになっちゃいました。

                ラストの5周はほぼ今の余裕が残る最大で走りましたけど4分40前後が精一杯で

                最後の周回がかろうじて99秒だったかな〜・・

                果たして・・今日が調子悪かったのか、はたまた走力自体が落ちているのか・・

                取り合えずこれから時間がある週末は30勸幣紊離蹈鵐阿鬟瓮ぅ鵑亡萃イ蠅泙后

                 

                あと、7弦ギターですが、大分慣れては来ましたが、

                今、練習しているBABYMETALの曲の難易度が高くて進捗率がかなり停滞してる状態です。

                取り合えず、最後まで譜面は覚えたから通しで弾けることは弾けますが

                一番需要な、何度も繰り返されるメインリフの部分がスムーズに弾けません・・

                もうこうなったら、掟破りの・・(^-^;

                フラットピックと余った指を使うハイブリッドピッキングでやろうと思います。

                要は同じ音が出れば問題ないと思うから取り合えず挑戦ですね・・・

                 

                 

                この方は、神バンドの藤岡さんともお知り合いで、ネットでギター講座もやっている方です。

                まあ、ピックしか使ったことがない方なら難しいかも知れませんが

                私の場合、アコギでフィンガーピッキング専門だから

                逆に、こっちの方が弾きやすいかも・・だけど、此処まで完璧にはできませんけどね・・(;^ω^)

                 

                 

                category:ランニング | by:GOcomments(0)trackbacks(0)

                追悼 チャックベリーさん亡くなる

                2017.03.19 Sunday 22:05
                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                   

                  今日のブログで書く積りでしたが、別枠で・・・

                  多分、エレキギターを使ったロックンロールと言うジャンルで、

                  後のギターリストに最も影響を与えた方が、このチャックベリーさんだと思います。

                  亡くなったのは自宅だったそうですが、90歳なら天寿を全うしたと言う事なのかも知れませんね。

                   

                  この曲のシングル発売が、丁度私が誕生した年でした。1958年

                   

                   

                   

                  俺様的で苦手だったけど・・

                  2017.03.19 Sunday 17:34
                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                     

                    何時も書いてますが、私の青春時代(死語(*´з`))に聞いてた音楽は洋楽がメインでしたが、

                    それでも、たまに邦楽で流行っている曲もチェックしてました。

                    でも・・私が苦手・・と言うより、ある意味嫌っていたのが永ちゃんこと矢沢永吉さんでした。

                    まあ、キャロルの時代から知ってはいましたが、

                    俗にいうツッパリ的なイメージでしたので、私としてはカッコ悪り〜(^-^;と思ってました。

                    でも。。年齢を重ねる毎にちょっと印象も変わって・・歌も上手いし曲もいいし・・

                    私が勝手にイメージしてた外見上の事も、いろいろ調べていたら結構違う事に気が付きました。

                    まあ、英ちゃんのファンは昔から熱狂的な方が多いですが、

                    その生きざまも含めて改めて一本筋の通ったアーティストと言うより男なんだろうな〜と思った次第です。

                     

                     

                    そうして、その逆に昔はちょっと好きだったけど最近はちょっと・・と思う方に、

                    私と同じ名前の長〇さんがいます。

                    この方、イメージ的にはものすごく強くて「俺は凄い男だぞ〜」と言うのを醸し出してますけど

                    最近は、ちょっとやりすぎと言うか、テレビとかで売れだしてからの行動を見ると

                    完全に俺様的な言動とかが多くて、おいおい・・と言う感じですね。(。´・ω・)?

                    まあ、歌の詩の内容とかは結構共感できる部分もあるのですが

                    私と同じ年代の男としてみると、だんだんカッコ悪い状態に見えてちょっとガッカリです。

                     

                    それと、おなじような年代のアーチストで今でもかなりの人気を誇るのがハマショウこと浜田省吾さんです。

                    私と同じ仕事をしている若いかた(30代〜40代)も新たにファンになって遠征ライブにも行ってるようですし

                    あまりメディアに出ないけど結構歌だけでファンを獲得している感じがしますね。

                    しかし、私より6歳も上なのに見た目も凄い若いですよね。

                    この動画は2011年だから浜省さんが、ちょうど今の私と同じ58歳の時のライブ・・

                     

                     

                    この曲が主題歌だったドラマも大好きでした。

                    若い頃の唐沢さん。江口さん、鈴木保奈美さん、洞口依子さんとかが出てましたが

                    私は洞口さんのファンでした(*^^*)

                     

                    あっ、それと浜田さんの曲で一番ヒットしたのはこれですよね。

                     

                     

                    大昔、ススキノに飲みに行ったときとかは必ず有線でかかってましたし

                    当時の女性には圧倒的に人気のあった曲だったかもですね。

                    まあ・・私としてはセンチメンタルな曲調がちょっと気恥ずかしかったかな〜(^-^;

                     

                    再びうさぎ生活・・(;'∀')

                    2017.03.18 Saturday 21:18
                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                       

                      我が家にいたウサギのももちゃんは3年前に亡くなってしまいましたが

                      今でも写真とかをフォトフレームにいれて居間に置いています。

                       

                       

                      ももちゃんは、長沼のハイジ牧場から買ってきたんですが、

                      ホーランドロップの純血じゃないけどとってもかわいかったですね。

                       

                      で・・ももちゃんが死んでからは、もうウサギは飼わない・・

                      飼うなら「わんこ」にしようね〜・・と言ってたけど

                      最近野幌に出来た大手のホームセンターのペットショップに行ったら

                      このウサギと目があって何となく我が家に引き取る事になっちゃいました。

                      このウサギもロップ系の雑種だと思いますが、ドワーフと書いてあったから

                      純血のロップイヤーよりも小型なのかも・・

                      (まだ子供だから分かりませんが・・)

                       

                       

                      同じケージに2匹いたので、かわいそうだから一緒に引き取りました。

                      似ているから、ひょっとしたら兄弟かも知れませんね。

                       

                      と言う事で、またこれからはウサギ生活が始まりますが、

                      世話するのは、やっぱり私なんだろうな〜(*´Д`)

                       

                       

                      category:日記 | by:GOcomments(0)trackbacks(0)

                      Profile
                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      現在のお天気
                      カウント
                      Category
                      ジョグノート
                      Selected entry
                      Archives
                      Recent comment
                      • 才能が無い分、努力しかない〜(-_-)+80年代ディスコ
                        GO
                      • 才能が無い分、努力しかない〜(-_-)+80年代ディスコ
                        NAOJI
                      • 我が家で一番長生きだった家電がいきなり逝った〜(-_-)
                        GO
                      • 我が家で一番長生きだった家電がいきなり逝った〜(-_-)
                        NAOJI
                      • 再び焼きそば特集!
                        GO
                      • 再び焼きそば特集!
                        ランランおやじ
                      • 無事に放送!「焼きそばランラン」ジンギスカン焼きそば!!
                        GO
                      • 無事に放送!「焼きそばランラン」ジンギスカン焼きそば!!
                        ランランおやじ
                      • BLUE_LAGOON弾いて見ましたが・・
                        GO
                      • BLUE_LAGOON弾いて見ましたが・・
                        じゅんいち
                      Recent trackback
                      Recommend
                      PR
                      Link
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM