衝撃的だった「立花綾香」さんの歌・・きっと音源よりライブの方が良いんだろうな〜

2018.06.17 Sunday 20:09
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    その昔の音楽の流行りとか情報源はラジオとかテレビしかありませんでしたが、

    今の時代ってネットがあるから、テレビとか大手メディアで取り上げられないアーティストも

    個人の関心があれば簡単に見つける事が出来ますよね。

    これはある時期から気が付いたんですが、ラジオとかテレビで宣伝してるヒットチャートって

    広告業界とかメディア業界で簡単に意図的に操作できるんですよね。

    FM局のヒットチャートもラジオ局で掛かった回数もポイントに出来ますから

    意図的にヘビロテするだけで簡単にチャート上位に行けますし、

    ダウンロードの数だって地域と期間を細切れにしたら発売直後の週を狙えば必ず上位ですし・・

    きっと、音楽が好きだったり楽器が好きなファンだったら、もうこんな事には騙されませんよね。

    現実的にも、まったくテレビとかメディアに出ないバンドとか歌手が

    大規模なライブツアーを組んでソールドアウトさせたりしてますし

    近年では、CDとかの売り上げよりもライブ動員とかグッズ収入で十分に賄える状態のようですから

    尚更、これからのバンドとかアーティストはネットでの発信力が問われて行くのかも知れません。

    まあ、私としても今では全くテレビも見ませんし、昔は結構気に入ってかけてたFMラジオも

    音楽を流す事よりDJのトークが増えたり、音楽が掛かっても良く分からないヒットチャートとか

    一部の若者に受けてるEDMとかJPOP系が多いので最近は車のHDとメモリばっかりです。

     

    と言う事で、大好きなBABYMETALを知ったのもネット動画からですが

    最近は更にツイッターで紹介される動画を伝って行くと

    たまに凄い衝撃的にビックリするようなアーティストを発見出来たりするんですよね。

    昨日はちびっこ天才ドラマーでしたが、

    今日は、この方・・「立花綾香」さん(#^^#)

     

    先日知ったばかりなので詳しい経歴は分かりませんけど

    熊本出身で20歳頃に東京に出て来て音楽活動をしているようです。(現在は26歳?)

    ジャンル的には、昔の鬼束ちひろさん的な憑依系の歌声でパワーのある声質なんですが

    曲もそうですが、この人の歌い始めた瞬間に別次元に飛んだような引き込まれる世界観が凄いです。

     

     

    まだこの人の音源は手に入れてませんが、早速注文する予定ですので

    また改めて感想をアップしますが、ファンカムの無修正でもこの迫力ですから

    きっと、BABYMETALのSUさんと同じようにCD音源よりライブの方が圧倒的に良いはず・・

    まだ一般的には認知されていない方だと思いますが

    私としては、この人の場合・・絶対にブルース系な激しいロックが合うはず・・と思ってます。

    例えばジャニスジョプリンとか日本だとカルメンマキさんとか・・

    最近だとヘイルストームのリジーヘイルさんとか・・

     

    まあ、どちらにしてもこう言った系統の歌は好みがハッキリ分かれますから

    一般大衆に受けるかどうかは曲次第だと思いますのでこれからも注目していきたいですね(#^^#)

     

    あと、この方を知ったツイッターに有ったショッピングモール前でのライブ動画ですが、

    マイク外した生歌からして物凄い迫力・・

    歌を届けたいという強い気持ちが入った迫真の歌でした(*´Д`)

     

     

     

     

    石狩に居た凄いちびっこ天才ドラマー!!

    2018.06.16 Saturday 18:07
    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

       

      私のブログで何度か天才子供ミュージシャンを紹介していますが

      今回は、地元北海道にいた天才ちびっこドラマーを紹介します。

      この子を知ったのは、BABYMETAL関連のサイトからだったんですが、

      あのレッチリのドラマーのチャド・スミスさんもツイッターで絶賛するくらいの腕前です。

      年齢は、まだ8歳・・だけどテクニック云々よりも全体のグルーブ感が、

      これまで何度か天才子供ドラマーを紹介してきた中では突出してプロ並みの演奏です。

      この子の家族はお父さんもお母さんもセミプロのような音楽活動をしている方で

      自宅は石狩市の生振にあるようなんですが、

      自宅でレコ―ディングも出来るようなスタジオもありますし

      札幌とかでも良くライブ活動をしている感じのようです。

      でも、この家族バンドでやってる音楽ジャンルは軽音楽が主ですが

      何故かこの子はツエッペリンとかハードロックが好きみたいで

      演奏動画もツエッペリンのカバーが多いです。

      (お父さんが好きなのかもですね)

      しかし、この子・・8歳にして教則動画のようなものまであるんですが

      理論的にも演奏テクニックも既に普通のアマチュアドラマーを超えてるかも知れません。

      (;'∀')

      まだ8歳で体が小さいから全身を使って叩く動作がおおいのですが、

      凄く楽しそうに・・そうして徐々にハイになってく感じが完全にロックっす・・

      いや・・この子の演奏聞いて見たいな・・

       

       

      手数は多くない曲だけど、バスドラとスネアの音の出し方が完全にロックしてる(;'∀')

       

       

      スティックを持つ腕と手首のしなり具合が凄い!‼、本当に7歳か??

       

      おまけにドラムの解説も面白いし的確・・このキャラクターも含めてこのまま大きく育ってほしいな〜(●´ω`●)

       

       

      今度ライブとか探して聴いてみよう〜!!(^^ゞ

       

      若い才能

      2018.05.29 Tuesday 22:44
      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

        スポーツの世界もそうですが、普通の人が幾ら努力しても超えられない壁を

        いとも簡単に超えてしまう才能の持ち主っていますよね。

        まあ、最初から努力もしないで「俺は才能無いからな〜」と言う人は問題外ですが

        今回は、以前からちょっと気になっていて

        あの神バンドの藤岡先生の生徒さんだった「岡 聡志」さんと仲間の方を紹介します。

        ネットとかで配信してるギタリスト オブ デマンドと言うアルバムシリーズがあるんですが、

        コンペティション形式で若いギタリストを選抜して曲と演奏をアルバムに収録するんですが

        私は最近知ったのでG・O・D靴離▲襯丱爐鯒磴い泙靴拭

        で、その中でお気に入りになったのがこの2曲です。

         

        先月の藤岡さんの追悼ライブで藤岡さんの難曲を完全再現させた力の持ち主ですが、

        最近はステージ上でのオーラも感じさせる演奏になって来ていますから

        これからも本当に楽しみなギタリストさんです(#^^#)

         

        で、もう一人は外国人の方でアルフィー・バラディックと言う方ですが

        この人の曲も独特な世界観を持ってますので何度もリピートして聴いてます。

        日本にも知らないだけで沢山の才能あるギタリストがいるんですよね。

        ぜひ、これからも活躍の場を広げてほしいものです。

         

         

        トニーマカパインさん、来日するんですよね。行きたかったな〜

        2018.05.24 Thursday 22:22
        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

           

          自分的に音楽生活、空白の30年間に登場した凄いギタリストは沢山いますが

          この方、最近知って凄く大好きになったんですよね。

          この間アップしたギター動画でも紹介してますが、「トニーマカパイン」さん、

          黒人には珍しくメタル系のインストギターの奏者として有名な方です。

          他のメタル系の凄腕ギタリストの方って、大体が速弾きメインで

          キャッチ―なメロディーよりリフを重視した曲が多いのですが、

          この方の曲って、結構日本人が好みそうな馴染みやすいメロが多いんですよね。

          もちろん物凄い高速フレーズを駆使した曲も沢山あるんですが、

          元々がクラシックピアノをやっていた方なので

          曲のアレンジもクラシックソナタとかロンド形式に似た感じも多くて

          その点でも自分にピッタリなギターリストでした。

          以前も書いてますが、自分のレベルでは速弾きを多用する曲のコピーは無理なので

          ミドルテンポからスローバラードを最初にコピーしていこうと思って練習してます。

           

          で、今回はこれ・・

          完全に泣きのギターフレーズ満載の曲で「ポーセリンドール」

          アンティークの陶磁器製の人形の事だそうです・・

           

           

          この曲、スローで音数が少ないから結構簡単に暗譜できそうですが、

          後はちゃんと情感込めて弾けるかどうかが問題ですよね。

          押尾さんの曲でもそうですが、ゆっくりな曲ほど誤魔化しが利かないから難しいっす。

           

          これまでのバイクの歴史

          2018.04.29 Sunday 19:44
          0

            JUGEMテーマ:スポーツ

             

            音楽ともマラソンとも関係ありませんが、大昔の20代の頃にハマっていた趣味のバイク、

            一番最初に乗ったのは原付で高校生の頃にお酒やさんのバイトで借りていたスーパーカブ(*´з`)

            で、東京に行ってから中型を取って直ぐに中古で買ったのが懐かしいスズキのハスラーでした。

            このバイクは確か仮面ライダーでも使われていて、当時のバイク小僧には憧れでした。

             

             

            このモデルはTS-250靴世隼廚Δ鵑任垢、もう既に40年以上前のバイクだから記憶にありません(^-^;

             

            で、札幌に戻って来てから新車で買ったのがこれ・・

             

             

            大きなバイクで当時としては画期的な横置きVツインエンジンでチェーンのないシャフトドライブ・・

            シリンダーヘッドが横に出ているから倒すとダメージが大きいですが、

            しかし・・買ってから1年後にこのバイクで事故を起こして廃車になってしまいました(>_<)

            自分の体も右足首を複雑骨折して3か月の入院で1か月はベッドからも降りられない状態に・・

            普通ならこれでやめるのでしょけど、GO青年は懲りない性格で

            退院後は、これを買って・・今で言う峠族と呼ばれる仲間になってほぼ毎日支笏湖に通ってました(*´з`)

             

            「YAMAHA RZR250」

             

            で、峠を走っているとやっぱりその内死ぬかもな〜と思い始め、

            今度は一般公道を走る事はすっぱり止めてサーキットへ・・

             

            「YAMAHA TZR250」

             

            最初はマフラーのみ交換できる市販車ベースのカテゴリでレースに出場、

            そこである程度の成績を出すことが出来たので、

            ライセンスが昇格した次は、大幅な改造が許されるF3クラスへ・・

             

             

             

            此処からはHONDAのレース会社である「HRC」(ホンダレーシングコーポレーション)で

            最初からレース仕様に改造されたコンプリートマシンを買って年に数回は本州に遠征にも行ってました。

             

            でも、やはり全国レベルになると自分の技術では全く歯が立たず・・(;´Д`)

            お金も沢山掛かることから、今度は本当にレース専用に作られたマシンを買ってレースに参戦。

            そのレース専用車はHRCのRS125とRS250の2種類あったんですが、

            地元のサーキットで開催されるのが125侫ンリーだったのでRS125を・・

             

             

             

            このマシンは125佞世韻鼻∪┐軽くてエンジンもハイパワーでしたので

            直線が長いコースだと180km/hは出る場合もありました。

            但し、地元のコースは短いから出ても150位だったと思いますが

            自分の体形からはかなりピッタリな感じで扱いやすかったですね。

             

            このマシン・・もう乗る事はないと思うけど、飾りでも良いからもう一度欲しいな〜(●´ω`●)

             

            邦楽ロック・メタルの新譜(*´▽`*)

            2018.04.20 Friday 21:38
            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

               

              早いな〜つい先日まで年度末だったと思ったのにもう4月後半になってしまったよね。

              今月は23日から東京へ行くので、仕事も早めにこなすためにちょっと頑張ったけど

              来月は連休あるから更に仕事が詰まるな〜・・

              まあ、毎年同じだからどうにかなるけど(;^ω^)

               

              さて、今日は18日にリリースされたBABYMETALに次いで大好きな日本のバンド

              「Mary's Blood」さんの新譜を買いました。「Revenant」

              このバンドを知ったのはネットからなんですが、

              昨年末には実際にライブにもいけましたし、今回のアルバムを聴いて益々好きになりましたね(#^^#)

               

               

              で、やっぱりロックバンドものって要はやっぱりヴォーカルとギターですよね。

              このバンドのギターはSAKIちゃんって言うんですが、多分日本の女性ギタリストではトップ10には入ると思います。

              ライブではサポートでYASIROさんっていう更に上手い女性ギターリストが参加しますので

              EYEさんの迫力あるヴォーカルと共にもう自分の中では最高かも・・

               

               

              これは今回のアルバムの全曲ティザーなんですが、やはり1曲を通しで聴かなければ魅力は伝わらないです。

              今回は何時ものメタル全開なものだけじゃなくでキャッチ―な曲とか

              凄くブルースロック的なものから、ロックバラードまで多彩な感じですよね。

              これから暫くはこれをヘビロテで聴くことになりますね(●´ω`●)

               

              あと気になっているのが、アンラッキーモルフェウス(通称アンキモ)の新曲、

              このバンドはヴォーカルのFUKIさんを中心に、いろんなバンドのメンバーが集まった集団なんですが、

              ギター2人のうちの一人が、初期のBABYMETALの神バンドだった紫煉さんがいるんですよね。

              彼もの場合も、もの凄くテクニカルで凄腕のギタリストなんですが

              次に紹介する2曲は、何と譜面を正方向に演奏したものと逆方向にしたもので別な曲にしています。

              もう、どうやったらこんな上手く作れるの?と言うくらいの楽曲、

              何時かこのバンドのライブにも行ってみたいな〜(^^ゞ

               

               

              来週は東京遠征ライブ!

              2018.04.19 Thursday 19:58
              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                 

                今月は4月に入っていろいろ野暮用も多かったんですが、

                気温も上がって来て、気持ち的はちょっと良い感じで過ごしています(#^^#)

                そんな本日は5月5日の豊平川マラソンのナンバーカードも到着して

                いよいよ今シーズンも始まるんだな〜と自覚させられますが・・

                やっぱり以前のようなワクワクした感じはなくなりましたよね。。

                まあでもレースだといつも以上に頑張れますから

                来月の洞爺湖に向けた練習として通常では出来ない追い込みをしてみたいです。

                あと、先日ボストンで優勝した川内さんがゲストで来るんですよね。

                数年前の士別ハーフで、芝生にシートを敷いていた私の隣に偶然来た川内さんに

                ちょっとだけお話をさせて頂いた事がありますけど、

                レース前なのに爽やかな笑顔でお話してくれて嬉しかった記憶がありますね(*´▽`*)

                あと、ネット上のBABYMETALのファンサイトでは、

                先日のインタビューでのカラオケで歌うBABYMETALの曲が話題になって、

                かなり川内さんに注目が集まっていましたが、

                もし・・ちょっとでもお話し出来れば、何を歌うのか聞いて見たいです。

                 

                と言う事で、来週は1月に事故で亡くなったBABYMETALの神バンド、

                ギターの神様の藤岡さんの追悼ライブが川崎であります。

                このライブは残された家族の為に付き合いのあるバンド仲間の方が企画してくれたものなんですが、

                本当にいろいろな障害を越えて動いてくれたようで、

                今回のライブには藤岡さんと付き合いのあるミュージシャンがジャンルを超えて参加してくれます。

                演奏ももちろん楽しみではありますが、

                ファンの一人として藤岡さんの残した思い出と曲を記憶の底に焼き付けて来たいと思います。

                 

                この動画の藤岡さんの後ろでギター演奏しているのがお弟子さんの岡聡志さんなんですが

                今回のライブでは岡さんが藤岡さんの代わりをやるのかな?

                しかし、この3人の相性って本当に抜群に良いですよね。

                ドラムの前田さんって、メタルとかロックではかなり激しい演奏するんですが、

                こういうフュージョン系も意外と上手いよな〜(´ω`*)

                 

                 

                 

                 

                最近のギターコピーは出来るだけ耳コピで・・・

                2018.04.08 Sunday 20:26
                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                   

                  最近はエレキギターでインスト曲をコピーする事が多いのですが

                  アコギの場合は複雑な変則コードと右手の使い方が特殊なので

                  私のレベルだと耳コピは難しいんですが(押尾さんのような難しい曲は特に)

                  しかしエレキだと速いのを除くと短音が多いので意外と耳コピしやすいんですよ。

                  あと自分の耳を頼りに、原曲の音をなぞる事で自然とフレット上の各弦の音が身について来ますし

                  ある程度、そのギタリストの癖がわかると速弾きでも多用されるコードが分かるになります。

                  これはマラソンとかスポーツでも同じで、

                  400mトラックでも、自分のスピード感覚を習得するために

                  最初は細かく100m毎のペースを取る事で目指すペースを安定して出せるようになるんですよね。

                  自分が調子の良い時は400m1周を1秒以内の精度で走る事も出来ましたから

                  やっぱり体にしみ込ませる訓練って大事かも知れません。

                  (あくまでも余裕があるペースまでですが・・)

                   

                  と言う事で、今日も走る練習とギターを弾いて一日終わりましたけど

                  ギターはともかく・・走るのは年々辛くなりますね〜

                  今日はマイコースを20辧▲ロ5で走る予定でしたが、

                  折り返しから向かい風でキロ5でも結構辛かったです・・

                  こりゃ60代になったら更に走るの大変になりそうだな〜(´ω`*)

                   

                   

                  で、今日の一曲は、自分の大好きな 岡 聡志さんが2012年にギターマガジンで賞を取った時に貰ったギターでの演奏です。

                  こういうジャジーなギターもたまには良いですよね(#^^#)

                   

                  後、最近はこうして宅録データーを使ってネットでセッションも出来るようになったんですよね。

                   

                   

                   

                  このCD絶版で、中古で3倍の値段になってた(^-^;

                  2018.04.04 Wednesday 21:35
                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                     

                    昨年、キタラのコンサートで凄く感動を貰えたエディタ・グルベロ―ヴァさんですが、

                    私が約16年前に買ったオペラアリアのライブ集がこれなんですが、

                     

                     

                    珍しく国内販売版を買ったんですよね。

                    通常は有名クラシックレーベルのシリーズ集を買うんですが(安いんです(^-^;)

                    これだけはちゃんとした解説が付いたものが欲しくて手に入れました。

                    で、たまたま今でも販売してるのかな〜とネットで検索したら

                    まあ・・当然ですが絶版となっていて

                    AMZONだけが中古品を扱っていたんですよね。

                    で、その値段が8,900円(;O;)

                    当時の新品価格が3000円だったから約3倍!!

                    ジャンルがクラシックオペラだから買う人もいないでしょうけど

                    持っている私の評価では、もう絶品なアリア集だと思います。

                    全曲ライブ録音なので実際のステージの臨場感もありますし

                    スタジオ版と違って、ちゃんとした進行通りに実際に演技しながらの歌唱ですので

                    もう、音響条件さえ良ければ頭の中にステージが見える位の迫力と感動が得られます。

                    昨年の実際のライブコンサートでもこのCDと同じ曲を歌てくれましたが

                    (夢遊病の女のアミーナのアリアとか)

                    このCDの録音から20年以上経過して70歳を超えているのに

                    このCDの音源と遜色なかった・・と言うより生の声はもっと凄かったんですよね。

                    きっと、実際のオペラ全曲を歌う事は今の年齢では無理なのかも知れませんが

                    それでも、歌唱レベルは殆ど見劣りしていませんので

                    一体、普段はどんな練習とか生活してるんだろうと考えちゃいます。

                    出来れば、もう一回くらい聴きたいもんですね〜(;´Д`)

                     

                    ベッリーニの「夢遊病の女」アミーナのアリアから・・

                     

                    あと、何時ものBABYMETALのネタなんですが、

                    何と、BABYMETALを主人公にしたアメリカンコミックが販売されるようなんですよね。

                    (アメリカンコミックだからアメリカで・・(^-^;)

                    当然、日本でも買えますが、多分文字は英語だから翻訳しながら読むことになるかもです・・(;^ω^)

                    あと、日本酒業界でも意図しなかった効果で売れてる商品があるんですよね

                     

                     

                    この写真の最愛はBABYMETALが出る前から出ていた商品ですが

                    メンバーのMOAちゃんと同じ名前なので、これを知ったファンが殺到しして

                    今では酒蔵自体がBABYMETAL推しとなって宣伝しているようです(#^^#)

                    あと、「紅月 すず香」は、もう完全にSUさんを意識した商品でしょうね。

                    ラベルの絵自体がもう完全にそのものですから・・

                    (通信販売で買えますので今度買ってみようかな)

                    最後の「ゆい」は詳しく知りませんが、これも以前からあったものなのかも知れませんね。

                    BABYMETALはその戦略?から殆ど日本のメディアに出ませんが

                    多分、ロック好きなおっさん世代は好き嫌いも含めて知らない人はいない位になってますから

                    この戦略は意外と功を奏しているのかも知れませんね(*^-^*)

                     

                     

                     

                    G・O・D掘淵タリストオンデマンド)アルバム

                    2018.03.19 Monday 21:16
                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                       

                      今日はロック系 ギターインストアルバム、G・O・D掘淵タリストオンデマンド3)を紹介します。

                      このアルバムは、まだ無名に近い若手ギタリストが楽曲を持ち寄って作ったアルバムになりますが

                      そのメンバーも多国籍で私も初めて聴く名前が殆どです。

                      私が、このアルバムを知った経緯はBABYMEALの神バンドメンバーで先日不慮の事故で亡くなったギタリスト

                      藤岡幹大さんの直系のお弟子さんの「岡 聡志」さんからなんですが、

                      あらかじめ岡さん情報から頂いた数曲のフル動画とTAB譜から、これは絶対に好みのアルバムだと直感(*^-^*)

                      と言う事で、本日アマゾンからアルバムをダウンロードさせて頂きました。(2000円)

                      で、聴いた感想ですが・・・

                       

                      各ギタリストの方の個性がかなり出ていて、楽曲ごとに凄く凝った作りと音になってます。

                      ジャンル的にもロック寄りフュージョン系から重いリフをメインにいたジェント系の曲も数曲ありますし、

                      歌詞を付けたら直ぐにPOPロックな曲に仕上がりそうなものから、

                      壮大な映画のサントラのような曲もあって、本当にヴァリエーションが多岐に渡っています。

                      多分、ロック系インスト曲に抵抗感のない、ギターが好きなファンなら絶対に気に入ると思います。

                      TAB譜とFULLの動画も各500円で販売しているようなので

                      気に入ってコピーしたい方にもピッタリ(#^^#)(すっかり宣伝・・あはは)

                       

                      取敢えず、全曲のさわりだけの動画から、

                      各ギタリストの楽曲のショートヴァージョンを数曲紹介しておきます(^^)/

                       

                      全曲のさわり紹介動画

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      Profile
                      Calender
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      現在のお天気
                      Category
                      カウンター2
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      ジョグノート
                      Selected entry
                      Archives
                      Recent comment
                      • BABYMETALの進化
                        NAOJI
                      • BABYMETALの進化
                        GO
                      • BABYMETALの進化
                        NAOJI
                      • 2018豊平川マラソン(ハーフ)
                        GO
                      • 2018豊平川マラソン(ハーフ)
                        NAOJI
                      • 連休は・・
                        GO
                      • 連休は・・
                        NAOJI
                      • これまでのバイクの歴史
                        GO
                      • これまでのバイクの歴史
                        NAOJI
                      • 明日から東京へ・・
                        GO
                      Recent trackback
                      Recommend
                      PR
                      Link
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM