クラシック続きですが・・凄いピアニスト発見(@_@)

2017.10.05 Thursday 20:39
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    最近はクラシックネタが続いてますが、

    昨日紹介したベートーベンの月光をいろいろ検索していたら偶然見つけました(@_@)

    この彼女の演奏。。他の方とは完全に一線を画する演奏の仕方ですが

    私が感じた事は、クラシック的な楽譜を完璧に再現する完成度より

    どちらかと言えば、「ロック」っぽい感情の入った熱い演奏が聴く人の心をつかむ感じです。

    きっと、クラシックファンの方でオールドスタイルしか認めない方にはダメな批評しか得られないかも知れませんが

    このYOUYUBEの再生回数とコメント数を見ても、私と同じ感じに受け取った方は多かったのではないでしょうか。

    彼女の名前はヴァレンティ―ナ リシッツアさん。

    1969年生まれの現在47歳・・ウクライナ出身で今はアメリカに住んでいるようです。

    取り合えず、最初に圧倒されたラフマニノフの練習曲 作品39のナンバー6・・

     

     ちょっと猫背ですが、楽器は違うけどヴァイオリンの五島さんに似た感じです・・(演奏スタイル)

    で、昨日も紹介したベートーベンの月光第3楽章を聴いて下さい。

    同じ演奏だけど、凄く男性的な感じで演奏の熱量感が凄い感じ・・(*_*;

     

    人気のある曲だけあって、再生回数は2300万回を突破してます。

    私も本日知ったばかりなので、これから更に漁って聴きこみたいと思いますです。

    気に入ったら、この方のライブ版買ってみたいな〜

     

    最後にしっとりした。ショパンのノックターンの作品9の2から・・

    この曲は有名だから聞いた事ある人は多いでしょう(#^^#)

    でも、ピアノに対して体も手も大きく見えるから実際の身長もデカいんだろうな〜(´へωへ`*)

     

     

    今回は、懐かしいコーラスグループのEVEさんを・・

    2017.10.03 Tuesday 19:16
    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

       

      今日は仕事の合間に、長男君の使うPCを新しく換装するためにパーツショップで

      新製品のCPUとマザーボードとメモリを購入・・

      この分野はほぼ毎年か2年ごとに新しい技術が開発されるので

      長く使っていると何かのパーツがダメになった場合、

      マザーボード自体(CPUソケットの規格)も互換性がなくなっているから

      最低でもCPU+マザー+メモリの交換が必要です。

      私が使うだけならコスパのよいCPUとマザーを選択しますが

      長男君はゲームもやるからそれなりのパーツが必要になるんですよね・・

      まあ、自分のお金だから何買っても良いけど、

      CPUに40000円は、ちょっと自分なら出せないな〜(^-^;

       

      さて、先日、高中さんのライブに行った事を書きましたが

      その中で、バックコーラスグループのAMAZONSさんを紹介させて頂きましたが

      実は、元々の高中さんのバックコーラスってEVEさんだったんですよね。

      このEVEさんは、私でもちょっとだけ知ってる位に日本では女性コーラスグループの第一人者的な方達です。

      多分、CMでも数百曲くらいはこなしてると思いますし

      有名な歌手とかバンドさんのレコーディングにもかなりの確率でこの方達のクレジットが入ってると思います。

      この3人は、全員姉妹で沖縄出身と言う事ですが、残念ながら現在は活動休止状態だそうです。

      改めて、この方たちの動画を見ましたが、

      シュープリームスとかその後のポインターシスターズ時代のカヴァーをかなりやっていて

      英語の発音も結構本物っぽい感じ・・

      (英語できないから発音が本当に良いのか不明・・笑)

       

       

      これって、あちらの歌手さんも沢山カバーしてる曲ですが、いや〜・・上手いっすよね。

      姉妹だからかもしれませんが息もぴったりでハモリも凄く気持ちよく聞こえます。

       

      で次は、渡辺香津美さんとのコラボですが

      これって、昔の本格的なキャバレーのショーを思い出させますよね。

       

       

      中古CD5枚ゲット+新作DVD

      2017.09.30 Saturday 17:42
      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

        今日は久しぶりの早朝業務で4時出発でした。

        日の出が遅くなって現在は5時半頃ですが、空が明るくなってくるのは5時ちょっと前かな〜

        明日は札幌マラソンでハーフを久しぶりに走りますが、

        今日のジョグの感触だとやっぱり1時間40分切る辺りが良い所かな〜

        昔のように最初から最後までハーハーぜーぜーで走る事は無理だろうな・・

        でも、多分今年最後の大会になるだろうから頑張って走るよ〜(^^)/

         

        と言う事で、先日まで次男君が遅い夏休みで帰省してましたが

        久しぶりに見て、あんまり変わってなくて良かったのか悪かったのか・・(^-^;

        時期外れの帰省だったから友達も仕事で少ししか会えなかったみたいだし

        今度は休みを合わせて帰ってきたら良いかもね・・

         

        帰りのジェットスター・・やっぱり機材繰りでひと便遅れで1時間半くらいの遅延でした。

        安いから文句言えないけど、時間が押してる移動ならやっぱり使わない方が良いかも知れませんね。

         

        さて、早朝業務から帰ってから少し走り・・

        その後は買い物ついでにリサイクルショップで中古CD5枚ゲットしました。

        クラシックが4枚と懐かしいレッドツエッペリンの2作目アルバムを買いましたが

        その合計が何と2000円・・

        まあ、どれも古いものだから当然ですが、借りるよりは面倒がなくて良い買い物でした。

         

        クラシックは、私の大好きなマルタアルゲリッチの若い頃のショパン ピアノコンチェルト1番が入ったもの

        (1968年録音のものだから多分アルゲリッチさんが27・8歳ころの演奏)

         

        多分、この写真の年齢の頃じゃないかな〜

         

         

        現在はこんな風

         

         

        やっぱり、この方のピアノって力強くてとっても良いです。

        でもスタジオ音源だと、どうしても綺麗に編集されるから臨場感が出ませんよね・

         

        そうして、同じピアノで日本人にはとても人気のある マリア ジョアン ピリシュさんで

        ベートーベンのソナタ 「月光」「悲愴」「熱情」が入ったCD・・

        好みから言ったら、音は綺麗だけどやっぱりちょっと何か物足りない感じもします。

        ベートーベンなら、やっぱり男性ピアニストの方が良いかも・・マレイ ペライアさんとか・・

         

        この方もアルゲリッチさんと同じくらいの年代で、現在は73歳かな〜

         

        現在のお姿・・

         

        でも、この方たちが現役を引退したら寂しいかもですね。

         

        そうして、残りの2枚はベートーベンの交響曲 7番・8番が入ったものですが

        これは別の指揮者のレコードは持ってるけど、今聞けないからCDを改めて買いました。

        (ロリンマゼールさん指揮)

        残りの1枚はちょっと最近気に入っているワーグナーの管弦楽曲のダイジェストを集めたもので

        ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲とか

        タンホイザー序曲とか楽劇ワルキューレからワルキューレの騎行とか

        ローエングリーンとかジークフリードの葬送行進曲とかを集めたもの・・

        でも、このワーグナー集、聞いて見たら結構良い録音でした(#^^#)

        ユージン オーマンデー指揮 フィラデルフィア管弦楽団ですが、

        1970年代のものだから新たにリマスターしたものなのかな・・

         

         

        で、一番上のものは懐かしいレッドツエッペリンのアルバム・・

        これも1970年前後の録音でしょうけど、当時、中学生だった私にとっても

        ちょっとだけ衝撃のバンドの一つでしたね。

         

        しかし・・中古CDショップって探して見ると結構よいものが見つかる事もあるから

        たまにぶらっと行くのも楽しいかも(^-^;

         

        と言う事で、その後にレンタル屋さんで借りて来た映画、

        「ゴースト イン ザ シェル」と「エクスマキナ」の感想は後日と言う事で。(^^)/

         

        高中 正義 LIVE

        2017.09.28 Thursday 11:30
        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

           

          何十年ぶりだったか・・忘れるくらい大昔に一回だけ行った事のあるTAKANAKAさんのライブに行って来ました。

          その昔、当時お付き合いしていた彼女さんが大ファンで一緒に行った時だから約35年くらい前( ˘ω˘ )・・

          多分、虹伝説が出た辺りのライブだったようにも思えますけど記憶が定かじゃない(^-^;

           

          本当は、BABYMETALのSSAライブが当選していたらキャンセルして埼玉に行く事も考えてましたが

          SSAが落選で来月の大阪城ホールが当選したのでタイミング的にも良かったのかな〜

          で、会場に着いてお客さんの年齢層を見て・・やっぱりな〜と言う感じ(*´ω`*)

           

          多分会場を見まわした感じでは90%が50代以上。。だと思う

          高中さんが人気だった1980年代初頭の頃に10代後半20代だった方が、

          今では50代以上になってる世代ですからね。

          あれから人気は落ち着いた感じになってますけどやっぱり新規のファンが増えないと

          お客さんの高齢化も仕方ないのかも知れません。

          あと、バンドメンバーも同じ傾向で有名なパーカッションの斎藤ノブさんとかも既に60代中盤ですから

          高中(64歳)さん本人も含めて結構な年齢になっちゃいましたよね。

          でも、その中で2人いるキーボードの一人が、多分まだ30代くらいだと思うけど

          私が見ている感じでは大活躍!!

          数種類のキーボード+フルート+テナー・ソプラノサックスを担当していて

          とっても忙しそうでした。(*_*;

           

          あと、渚モデラートもそうですが、高中さんの楽曲にはコーラスが多いんですよね。

          で、そのコーラスを担当してる方が、私はあまり詳しく知らなかったけどアマゾンズと言う女性3人グループ・・

          でも、昨日は事情があって2人だけでしたが、

          調べてみたら・・何とこの方たち!!・・大滝さんはまだかろうじて50代後半ですが

          もう一人の低音担当の吉川さんは60代の中あたり・・(来てなかったもう一人も60代!)

          見た目には本当にそうは絶対に見えない若々しい姿でとってもセクシーでした。(*´ω`*)

          あっ、昨日は若い頃から高中さんの大ファンだったランニングチームのじゅんいちさんも行ってましたが

          何と何と、ステージ真ん前でドセンの神席だったようです。

          で、そのじゅんいちさんはアマゾンズさんの方はまだ40代位だと思っていたようです(#^^#)

          やっぱり女性ってわかりませんよね・・(ステージの照明効果もあるかも知れませんが(^-^;)

           

          と言う事で、そのアマゾンズさんも歌っている渚モデラートを・・

          2011年のライブですが、今から6年前で吉川さんがかろうじてまだ50代の頃・・

          やっぱり凄い若いっすね。(左から吉川さん、斎藤くみさん、そうして一番若い大滝裕美さん)

           

           

          あと、高中さんのギターと言えばSGと言うくらいに有名ですが、

          私、一度楽器屋さんで高中さんモデルを持ったことがありますけど

          これが、くっそ重い・・・(-_-;)、レスポールもかなり重いのですが、それと同じかそれ以上に感じてちょっと敬遠でした。

          それと高中さんのサウンドシステムって、ラックタイプのエフェクターとか機材を横に置いて

          エフェクト・効果専門のエンジニアが横に座って操作するスタイルなんですよね。

          一番上に多分小型のミキサーを置いて逐一切り替えたり調整してますが、

          やっぱり独特なシステムかも・・

           

          と言う事で、昨日は高中さんと同じくらいに興味が惹かれたアマゾンズさんのMVを最後に・・

          これは今年のもののようなので大滝さん以外は60代・・(しつこい(^-^;)

          若い頃の写真も途中で出て来ますけど、良い年齢の重ね方してますよね。

           

           

           

          初めて見たけどこれ高校生!!プロ並みの切れだな〜登美丘高校ダンス部

          2017.09.25 Monday 19:36
          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

             

            今日は次男君が帰省してくるので千歳まで迎えに行ったけど

            平日の月曜なのに、凄い混雑してた・・

            団体客が多かったようだけど、この時期って混むのかな〜(@_@)

            帰りも心配だから早めに行った方が良いかもね。。

             

            さて、そんな今日ですが、

            ツイッターフォロワーの方のつぶやきで知ったとんでもない動画(*_*;

            この子達、ちゃんとした高校生なんだけど

            このダンス部はとっても有名になってCMとかテレビにも出ていたんですね。

            この動画のダンスは80年代バブル期のディスコをモチーフにしたものですが

            お笑い要素もありながら、そのダンスも半端なく凄いっす。

            他の動画には練習風景のものもありますけど

            やはり、これだけの体の切れを出すには凄い練習量が必要ですよね。

            それにしても、このMV・・作りも本格的で此処最近の動画の中では大ヒットでした(*´з`)

            きっと、私のブログを見ている年代の方にはこの年代はバッチリ合うと思うから懐かしいでしょうね・・笑

            (この当時のお姉さんは青いシャドーに工藤静香ヘアー・・たまにシャネルのスーツも(^-^;)

             

             

            何だかこの映画は今時期にはシリアス過ぎるかも・・

            2017.09.24 Sunday 19:34
            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

               

              2002年の日本の映画ですが「宣戦布告」と言う映画とっても今の状況と酷似してます。

              まあ、映画ですから最悪の状況を最悪のシナリオで大袈裟に表現してますが、

              でも、実際に絶対にないとは言えないですよね。

              (ネット検索すれば見れるかも・・)

              今はネットでも先日の麻生さんの発言が物議をかもしていますが

              今の法律では、誰か犠牲にならなければ反撃も出来ない国なんですよね。

              メディアでは左寄りの発言が目立つようですけど、

              難民に紛れ込んだ武装集団が入国しても相手に襲撃されても武器使用の許可がなければ

              死人が何人も(何百人も)出てからしか反撃できません。

              実際に有事になりそうな時は、まったく何も出来ないというか

              かなり大掛かりな犠牲者(武器も持っていても使用できない警察・自衛隊・・)

              が出ますよね・・・

              この映画、先のシンゴジラを対国家をシリアスにしたものですけど

              出来ればこの先、何事も起こらなければ良いのですが・・

              と言う事で、あまり政治的なネタは書きたくないのですが、

              此処最近の情勢は本当に昔のキューバ危機同様な感じがしないでもない・・

              大丈夫かな〜

               

              そんな事でシリアス過ぎてちょっとあれだったので今日の一曲はこれを。。(^^)/

               

               

              音楽マニアって拘りが強い人が多いかもね・・(安室さん引退か〜)

              2017.09.20 Wednesday 21:00
              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                 

                先日、駅伝の打上の帰りに一人でヘビメタバーに寄った事を書きましたが、

                そこでお客さんも含めて色々と話を聴いてたりしたんですが、

                その昔、JAZZ喫茶とかJAZZ系のライブバーに行ってた時の事をちょっとだけ思い出しました。

                音楽ジャンルはかなり違いますけど、

                やっぱり若い頃からこだわりを持って好きになった方って

                歳とっても、その拘りから離れられない方が多いかも知れませんね。

                JAZZでもモダンジャズ系だけ好きなかたもいますし、

                メタルでも細かなジャンル毎にダメ出しする方も多いですし、

                でもね〜、私の場合、そういう雰囲気のお店って好きなんですよね(^-^;

                 

                まあ、聴くだけなら一人で完結する趣味だから誰も文句は言いませんが

                それを人に押し付けるような方が居たら本当にうっとうしいですよね。

                例えば、自分は誰々のこの曲が好きなんだけど・・

                と言うと、一気に顔色が変わっ人を見下したような目を向ける人とか・・( ・´ー・`)

                「俺は、あのバンドだけは○○とは認めない」っていうような人。

                (JAZZ系のお店に多かったな〜)

                まあ一人で思う分には全然問題ないわけなんですが、

                わざわざ、そのバンドのファンサイトまで来て悪口を書くような人って何なんでしょうね〜

                 

                あっ、でも先日のバーではそこまで突っ込んだ話はありませんでしたよ(*´ω`*)」

                マスターと、ちょっと話した時にアーチエネミーのヴォーカルのアリッサの話をしたんですが

                私はクリーンボイスで歌うアリッサが好きだ〜と言ったら

                マスターはグロウル(デスボイス)で歌う方がいいと言う感じだけ・・

                あと、BABYMETALは好きだけど神バンドはバンドじゃないから好きじゃない・・と( ;∀;)

                まあ、サポートのセッションミュージシャンだから昔からのメタラーさんならそう思うのも仕方ない。。

                私は「そうですか〜・・」と、それ以上の話は続けませんでしたが

                そこいら辺が音楽を趣味にしてお店まで開くかたの拘りなのかも知れませんね。

                私のような雑食系趣向の人間には、理解は出来ませんが否定はしませんです(#^^#)

                (それぞれにファンがいるからバンドも成長できるしね・・)

                 

                でも、やっぱり一番ビックリしたのは以前にBABYMETALを放送で貶す発言をした

                あのピーターバラカンさんですよね。

                あの方はメタルとかハードロックは昔から認めないブルース系が好きな方ですけど

                あの発言で一気にツイッターが炎上して話題になりましたよね。

                まあ嫌いは嫌いで個人の趣味だから問題ないけど、

                仕事として出てる番組での特定のアーティストをディスる発言をした事で

                それまで、ちょっと意識が高い系の評論をしていた事が

                一気にその評論の価値が下がる感じがしますです。( ・´ー・`)

                と言う事で、個人的なこだわりは大いに結構な事だと思いますが

                それを感じ方の違う他人に押し付けるのはちょっと大人としての配慮がないと思いますね。

                (私も気を付けよう〜・・(^-^;)

                 

                それと、先ほどのニュースで安室奈美恵さんの引退の事が流れてました。

                アイドルから出発して、これまでいろいろあったけど、

                私は直接的にファンじゃないですが、

                凄く努力して日本人女性の中では素晴らしいエンターテナーになりましたよね。

                まだ40代になったばかりだと思いますが、

                きっと何か他の目標が見つかったのかな〜・・

                でも、昨年?だったか年間のライブが100公演と言う事ですよね・・

                移動とかリハも入れるとほぼ休みなし、

                体的に何ともないと良いのですが・・

                 

                 

                自分にとってのヘビーメタルの元祖は・・

                2017.09.17 Sunday 17:50
                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                   

                  明日は毎年チームで楽しみにしているサーモン駅伝があるんですが、

                  どうやら台風の影響をもろに受けそうな感じですね。

                  私としては、河川敷でやっていた10年以上まえから出ていますが

                  悪天候だったのは多分1・2回だったような気がします。

                  現在の真駒内競技場になってからは雨でも屋内で待機出来ますから、

                  走る時以外はあまり気に掛ける事はありませんでしが、

                  台風が直撃した場合は倒木とか折れた枝とかが飛んでくる恐れもあるから、

                  どうなんでしょうね〜・・運営側としてはなるべく中止にだけはしたくないと思いますけど

                  走るランナー以上に、コース監視をする高校生とかの事が心配になります。

                   

                  さて、タイトルの私にとってのヘビーメタルの元祖は多分ジューダスプリーストになるのかな〜

                  自分が中学の頃はディープパープルとかツェッペリンが流行りだしてた頃ですが

                  当時はまだハードロックと言うジャンル分けでしかなかったと思います。

                  それがヘビーメタルと言う言葉出て来て、

                  それを初めて意識して見たのがジューダスだったと思います。

                  で、このジューダスプリースト・・

                  私が初めて聞いたのが東京に行った18歳の時のFM放送からだったんですが(丁度40年前)

                  そのスタイルも鋲付き皮のジャケットにギターもフライングVタイプの形で

                  音楽的には結構好きな音だったにも関わらず・・

                  女の子にもてたい時代の若い男子にはちょっとイケてない感じで避けてました(´へωへ`*)

                  で、当時もまだギリギリギターはやっていたんですが、

                  やっぱり好きだったのはエディーヴァンヘイレンでしたね。

                   

                   

                  まだ、若かりし日のロブさん・・、このペインキラーは結構日本でもヒットしたと思いますけど

                  これから1980年代に掛けては、マイケルジャクソンとかホイットニーとかマドンナとか、

                  R&B、ソウル、ディスコミュージックが圧倒的に台頭してきた時代なので

                  ハードロックはまだ一般のファンも多かったけど

                  ヘビーメタルはやっぱり隠れたファンしかいなくなった感じもしないでもありませんよね。

                  私自身は、何時も書いている通りに、この年代以降から別の趣味に没頭する事になったり、

                  その後、結婚して子供が出来たりしてロックと言うより音楽自体から完全に離れた年代になりました。

                  なので、BABYMETALを発見して再びメタルを聴くようになるまでは

                  もう全くの浦島太郎状態でした(@_@)

                   

                  まあ、今では新たにファンになったナイトウイッシュとかドリームシアターとかを聴いてますが

                  昨年のこの映像にはかなり胸が熱くなる思いでしたね。

                   

                   

                  あれから40年の時を超えてこんなライブが聴けるとは、昔じゃ考えられない事ですね。・・

                  しかしロブさん・・歳とってもしっかり声出てるよね〜・・

                  (*´ω`*)

                   

                  初めて洋楽に触れたテレビ番組・・

                  2017.09.15 Friday 19:06
                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                     

                    私の場合、多分親のせいもあるけど、

                    小さい頃から洋楽を聴く方が多かったのかも知れません。

                    昨日もちょっとだけ書いていますけど、私が親と一緒に暮らした記憶があるのはホンの1・2年位

                    だけど、たまに離れて暮らす母の所に行くと当時はあまり見なかったステレオがあったんですよね。

                    それには母が好きだったシャンソンとかJAZZのレコードがあってよく聞いていた記憶が残っています。

                    でも一番思い出に残っているのはクラシックのトルコ行進曲とか小作品が入ったレコードだったかな〜

                    (小学生低学年の頃・・)

                    で、自発的に音楽を聴いて凄いな・・上手いなと思ったのは

                    あのシャボン玉ホリデーと言うクレイジーキャッツとピーナッツが出ていた番組でした。

                    この番組自体はドリフターズの全員集合!のようなコント・バラエティー番組だったんですけど

                    現代のように、ただの下らないトークだけじゃなくて(*´ω`*)

                    ちゃんとした音楽とかダンスとかも真面目にやっていたんですよね。

                    クレイジーキャッツは戦後の日本が復興する時代に生まれた

                    しっかりとした音楽も出来るコメディーグループで、

                    後のドリフターズのお手本になる方達でしたが、今見ても本当に上手いと思います(*´ω`*)

                    この時代のテレビは全てぶっつけ本番の生撮りですから

                    歌も演奏もダンスもミスは許されません。

                    それでもこのクオリティーの高さだから何時も子供ながらも楽しみにかぶりつく様に見てましたね。

                     

                    特に、この番組の最後にピーナッツが歌う「スターダスト」と

                    その後に続く ロス インディオス タバハラスのギター演奏が今でも頭にこびりついてます。


                    先ずは高音質の音だけのもの・・

                     

                     

                    そうして、どうやって動画に残したのか不思議な当時の録画(多分、関係者の方のフィルムからでしょうね〜)

                     

                     

                    エンディングでおしゃれな街灯の下で歌うスターダストがとっても幻想的で好きでした。

                    日曜日の夕方6時半からだったと思いますが、これを見たら休みが終わる寂しさもあったな〜

                    (今のサザエさんのような感じ・・笑)

                     

                    で、これも本当によく残していたな〜と思う1960年代のものですよね。

                    クレイジーキャッツの芸達者な事が良く分かるステージ録画です。

                    戦後の米軍基地で鍛えた演奏力もさすがですね。

                     

                    おまけで、今見ても爆笑なビジーフォーのショーを・・(*´ω`)

                     

                     

                    神バンドの演奏がライブでなぜクリアに聞こえるか分かった〜

                    2017.09.11 Monday 19:59
                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                      昨夜は藤岡さんのセミナーが18時に終わったので直ぐに帰宅して夕食、
                      その後、仕事の準備して23時に出発〜帰宅は今朝の4時でした(*´з`)
                      帰宅途中で、目を開けているのに一瞬だけ記憶が飛んだ感じで、
                      こういう時に居眠り運転で事故を起こすんだろな〜と気を引き締めて何とか無事につきました。
                      さて、そんな昨日のセミナー・・
                      約1時間30分にわたるモデリングアンプ「kemper」のセミナーでしたが、
                      現実的には、私のような宅録が主でライブとかには使わないアマチュアには、
                      その機能も価格も高価すぎて必要性は感じませんが、
                      逆に、ライブとかこれからプロを目指す方には物凄く戦闘力を上げてくれるアンプだと思います。
                      なんたって、これがあればどんな環境の現場でも同じ音でセッティングも必要最小限で済みますし
                      アナログエフェクターとか真空管アンプのトラブルを考えたら
                      これはもうこれからのスタンダードになって行く感じもしないでもありませんね。
                      他のメーカーでも同じようなエフェクターを出してますが、
                      kemperの特徴は、実際に取り込みたいアンプを直ぐにデーター化して取り込める所なので
                      プロの方にしたら、これがあれば全世界、何処に行っても不自由のない演奏が出来ます。
                      ちなみに私が狙っているものはこれです(*´ω`)
                      これはモデリングタイプのマルチエフェクターなんですが、
                      KEMPERと違う所は既存のアンプのデーターを取り込む機能がない事、
                      でも、既に内臓+ネット上に沢山のモデリングデーターがあるから不便はないはず・・
                      あとKEMPERと違ってパワーアンプは内蔵されてませんのでアンプとキャビネットが必要になりますが
                      でも、実際にはLINEでPAに送ればKEMPERと同じ効果が得られますので
                      素人で宅録中心の私にはこれでも十分な機能だと思いますです。
                      おまけにフロアタイプでペダルも付いているから、これ一台で全て解決(#^^#)
                      来年はこれ目指して頑張るか〜・・
                      で、話は戻って、。。昨日の藤岡さんのお話の中で興味深かったのは
                      最近のステージでは、以前のようにギターアンプにマイクを向けてPAに送る手法は殆どなく
                      KEMPERとかのモデリングアンプからLINEで直接PAに送って、モニターも直接それぞれのイヤーモニターに返してくるので
                      ステージ上のモニタースピーカーの音とか、ドラムマイクから拾ったギターとかベースの音が混ざらない分
                      音もクリアになって、楽器ごとの音の分離も物凄く良くなったとの事です。
                      ただ、ギター演奏の時にフィードバック奏法(わざとギターキャビネットからの音と共鳴させてハウリングを出す)
                      の為に、薄くギターキャビから音を出している事もあるようです。
                      そこで思い出したのは、昨年のライジングサンでのバンド演奏の音でした。
                      末っ子ちゃんも言ってましたが、BABYMETALの前のワンオクロックの音は
                      全体的に音がボワボワしてギターの音もベースもあんまりよく聞こえなかった(ヴォーカルはクッキリ聞こえましたが)
                      特にベースの音は、サウンドチェックの段階からものすごくボワボワするだけで
                      全く音階も音の切れも分からない唸り音しか聞こえません。(まあ、ステージの前だったから音は悪かったのですが)
                      でも、ワンオクが終わって神バンドがサウンドチェックに入ると、
                      まるでCD音源を流してるかのように楽器ごとの音がとってもクリアで、
                      尚且つ音の粒立ちもハッキリわかるくらいのクヲリティーでした。(*´ω`*)
                      これもきっと、アンプから直接ラインでPAに送っている事も関係してるのかも・・と気づきましたが
                      今は、他のアーティストも徐々にLINE出しに変わってきているようですね。
                      それにしても、さすがにスタジオミュージシャンだけあって音に対するこだわりがプロ・・
                      最近はリバーブの代わりに何個も違うセッティングのディレーを重ねて音作りしたりするらしく
                      実際に、その音を聞いたら目から鱗状態で感動しました。
                      (KEMPERだとこれ一台で出来るので簡単だそうです)
                      と言う事で、昨日のセミナー・・藤岡さんの演奏が目的でしたが
                      それ以外にもとっても役に立つお話が聞けて良かったっす(#^^#)
                      次回は、ぜひ仮バンドでライブに来てほしいと切に願いますです。。
                      そんな事で・・今日の一曲ですが、
                      先日まで悩んでした12月のライブは、第9を止めて・・
                      この方たちのライブに初参戦に決めました。(^^)/
                      おっさん一人だとちょっと恥ずかしいから末っ子ちゃんに同伴してもらう事に・・
                      やっぱりメタルってヴォーカルとギターにパワーがないとダメだよね〜
                      この子達。。やっぱり日本のガールズメタルバンドではピカイチかもな〜

                       


                      Profile
                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      現在のお天気
                      カウント
                      Category
                      ジョグノート
                      Selected entry
                      Archives
                      Recent comment
                      • テクノ・・
                        GO
                      • テクノ・・
                        NAOJI
                      • やっぱり後20年でSFの世界が実現するな〜(^-^;
                        GO
                      • テクノ・・
                        GO
                      • テクノ・・
                        NAOJI
                      • やっぱり後20年でSFの世界が実現するな〜(^-^;
                        NAOJI
                      • 大阪BABYMETALライブ遠征旅行記その3
                        GO
                      • 大阪BABYMETALライブ遠征旅行記その2
                        GO
                      • 大阪BABYMETALライブ遠征旅行記その3
                        NAOJI
                      • 大阪BABYMETALライブ遠征旅行記その2
                        NAOJI
                      Recent trackback
                      Recommend
                      PR
                      Link
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM